Posts Tagged 'genta maruyama'

シイ

文 / 丸山玄太  89年製のクラウンは最後の怒りを爆発させると白煙を上げその動

/ シイ はコメントを受け付けていません。

シイ

文 / 丸山玄太  89年製のクラウンは最後の怒りを爆発させると白煙を上げその動

/ シイ はコメントを受け付けていません。

いし

文 / 丸山玄太  あるものでした。私、私ではないもの、私でも私ではないものでも

/ いし はコメントを受け付けていません。

いし

文 / 丸山玄太  あるものでした。私、私ではないもの、私でも私ではないものでも

/ いし はコメントを受け付けていません。

相転移

文 / 丸山玄太  生きる気力を失った。理由など無い。昨日を振り返るのも、明日を

/ 相転移 はコメントを受け付けていません。

相転移

文 / 丸山玄太  生きる気力を失った。理由など無い。昨日を振り返るのも、明日を

/ 相転移 はコメントを受け付けていません。

無題

文 / 丸山玄太  私がその半身を失って目にした光景は、それでも色づく世界でした

/ 無題 はコメントを受け付けていません。

無題

文 / 丸山玄太  私がその半身を失って目にした光景は、それでも色づく世界でした

/ 無題 はコメントを受け付けていません。

十五年

文 / 丸山玄太  熱にうなされた細切れの眠りの中で、男は重ねた転居を遡るように

/ 十五年 はコメントを受け付けていません。

十五年

文 / 丸山玄太  熱にうなされた細切れの眠りの中で、男は重ねた転居を遡るように

/ 十五年 はコメントを受け付けていません。

プチトマト

文 / 丸山玄太  伸ばした腕の先さえ霞むような霧の中を、足下に伸びるレールを確

/ プチトマト はコメントを受け付けていません。

プチトマト

文 / 丸山玄太  伸ばした腕の先さえ霞むような霧の中を、足下に伸びるレールを確

/ プチトマト はコメントを受け付けていません。

枯木

文 / 丸山玄太  山間の集落の外れにある火葬場の煙突から黒煙が上がっている。緩

/ 枯木 はコメントを受け付けていません。

枯木

文 / 丸山玄太  山間の集落の外れにある火葬場の煙突から黒煙が上がっている。緩

/ 枯木 はコメントを受け付けていません。

ある日、森の中

文 / 丸山玄太  雨の落ちる夜の森で男が倒れている。男は倒れたまま、ただ空を見

/ ある日、森の中 はコメントを受け付けていません。

ある日、森の中

文 / 丸山玄太  雨の落ちる夜の森で男が倒れている。男は倒れたまま、ただ空を見

/ ある日、森の中 はコメントを受け付けていません。

文 / 丸山玄太  首の座っていない赤ん坊のように不規則に頭を揺らしながら、オレ

/ – はコメントを受け付けていません。

文 / 丸山玄太  首の座っていない赤ん坊のように不規則に頭を揺らしながら、オレ

/ – はコメントを受け付けていません。

Monologue (XI)

文 / 丸山玄太 2月8日 酷い雪でしょ。もう連日こうですよ。新幹線が遅れたのも

/ Monologue (XI) はコメントを受け付けていません。

Monologue (XI)

文 / 丸山玄太 2月8日 酷い雪でしょ。もう連日こうですよ。新幹線が遅れたのも

/ Monologue (XI) はコメントを受け付けていません。