Posts Tagged 'yui mifune'

「未来」 ー放たれた鳥はまた再び此処へー

文 / 三船ゆい 夜は静かにやってくる 誰一人として残さず 明けることのない夜

/ 「未来」 ー放たれた鳥はまた再び此処へー はコメントを受け付けていません。

「未来」 ー放たれた鳥はまた再び此処へー

文 / 三船ゆい 夜は静かにやってくる 誰一人として残さず 明けることのない夜

/ 「未来」 ー放たれた鳥はまた再び此処へー はコメントを受け付けていません。

マリア

文 / 三船ゆい 「あるがままに」 優しい眼差しが、その息を引き取るとき まるで

/ マリア はコメントを受け付けていません。

マリア

文 / 三船ゆい 「あるがままに」 優しい眼差しが、その息を引き取るとき まるで

/ マリア はコメントを受け付けていません。

希望の種

文 / 三船ゆい 幾日も忘れられた観葉植物が身をよじって身体を支えている。 「お

/ 希望の種 はコメントを受け付けていません。

希望の種

文 / 三船ゆい 幾日も忘れられた観葉植物が身をよじって身体を支えている。 「お

/ 希望の種 はコメントを受け付けていません。

キッチン (四) ー命のバトンー

文 / 三船ゆい 真っ白に真っ平らに広がった空間に 子供達が絵を描き始める 思い

/ キッチン (四) ー命のバトンー はコメントを受け付けていません。

キッチン (四) ー命のバトンー

文 / 三船ゆい 真っ白に真っ平らに広がった空間に 子供達が絵を描き始める 思い

/ キッチン (四) ー命のバトンー はコメントを受け付けていません。

「王様の耳はロバの耳」ー貴女の愛した人ー

文 / 三船ゆい 初めに混沌があった あれは我なり あ わ れ な り 大きな母

/ 「王様の耳はロバの耳」ー貴女の愛した人ー はコメントを受け付けていません。

「王様の耳はロバの耳」ー貴女の愛した人ー

文 / 三船ゆい 初めに混沌があった あれは我なり あ わ れ な り 大きな母

/ 「王様の耳はロバの耳」ー貴女の愛した人ー はコメントを受け付けていません。

父に語り尽くせない感謝を込めて

文 / 三船ゆい 砂漠の上に大の字に寝て、指をパチンとならす。 その体は、パチン

/ 父に語り尽くせない感謝を込めて はコメントを受け付けていません。

父に語り尽くせない感謝を込めて

文 / 三船ゆい 砂漠の上に大の字に寝て、指をパチンとならす。 その体は、パチン

/ 父に語り尽くせない感謝を込めて はコメントを受け付けていません。

「赤い河」ーactress with mistー

文 / 三船ゆい 生まれ落ちた命、君 君が報いられますように 水の星 地球 こん

/ 「赤い河」ーactress with mistー はコメントを受け付けていません。

「赤い河」ーactress with mistー

文 / 三船ゆい 生まれ落ちた命、君 君が報いられますように 水の星 地球 こん

/ 「赤い河」ーactress with mistー はコメントを受け付けていません。

キッチン(三)

文 / 三船ゆい 余韻 −神様から贈り物としての− ひたる しふく 酒宴が終わっ

/ キッチン(三) はコメントを受け付けていません。

キッチン(三)

文 / 三船ゆい 余韻 −神様から贈り物としての− ひたる しふく 酒宴が終わっ

/ キッチン(三) はコメントを受け付けていません。

キッチン (二)

文 / 三船ゆい そうだ、この感覚。 この場所だ。 居心地がいいのはキッチンのせ

/ キッチン (二) はコメントを受け付けていません。

キッチン (二)

文 / 三船ゆい そうだ、この感覚。 この場所だ。 居心地がいいのはキッチンのせ

/ キッチン (二) はコメントを受け付けていません。

キッチン

文 / 三船ゆい (序)  -始まりの朝‐ 台所に立って使い込んだやかんで湯を沸

/ キッチン はコメントを受け付けていません。

キッチン

文 / 三船ゆい (序)  -始まりの朝‐ 台所に立って使い込んだやかんで湯を沸

/ キッチン はコメントを受け付けていません。