branching-13

キッチン(三)

文 / 三船ゆい 余韻 −神様から贈り物としての− ひたる しふく 酒宴が終わっ

/ キッチン(三) はコメントを受け付けていません。

キッチン(三)

文 / 三船ゆい 余韻 −神様から贈り物としての− ひたる しふく 酒宴が終わっ

/ キッチン(三) はコメントを受け付けていません。

ナマコを触りたい

文 / 今井あみ いつだっけか水族館でナマコを触った。 友だちは水に向かってナマ

/ ナマコを触りたい はコメントを受け付けていません。

ナマコを触りたい

文 / 今井あみ いつだっけか水族館でナマコを触った。 友だちは水に向かってナマ

/ ナマコを触りたい はコメントを受け付けていません。

0

文 / 船橋小夜子 どうしてめあたらしいものをつくるの? あたらしいものがすきな

/ 0 はコメントを受け付けていません。

0

文 / 船橋小夜子 どうしてめあたらしいものをつくるの? あたらしいものがすきな

/ 0 はコメントを受け付けていません。

アートと思考 第⑫講 あたかもアートの終焉が世界の起源であるかのように

文・漫画 / 服部洋介    石原莞爾あたりがいうように、技術革新によって水と空

/ アートと思考 第⑫講 あたかもアートの終焉が世界の起源であるかのように はコメントを受け付けていません。

アートと思考 第⑫講 あたかもアートの終焉が世界の起源であるかのように

文・漫画 / 服部洋介    石原莞爾あたりがいうように、技術革新によって水と空

/ アートと思考 第⑫講 あたかもアートの終焉が世界の起源であるかのように はコメントを受け付けていません。

サチコの桜の通り道

文 / 中川渓子 一昨日の晴れた夜に、サチコはたくさんの星を見ました。今日はきれ

/ サチコの桜の通り道 はコメントを受け付けていません。

サチコの桜の通り道

文 / 中川渓子 一昨日の晴れた夜に、サチコはたくさんの星を見ました。今日はきれ

/ サチコの桜の通り道 はコメントを受け付けていません。

藝術を解さない人=死人

文・絵画 / 川合朋郎 野生を忘れてしまった人類だからこそ藝術を探求する 雷を描

/ 藝術を解さない人=死人 はコメントを受け付けていません。

藝術を解さない人=死人

文・絵画 / 川合朋郎 野生を忘れてしまった人類だからこそ藝術を探求する 雷を描

/ 藝術を解さない人=死人 はコメントを受け付けていません。

わたしのあたまのなか

文 / 黒岩万紀子 あらゆる煩悩を捨てて 無(む)の私でいよう なにもかんじない

/ わたしのあたまのなか はコメントを受け付けていません。

わたしのあたまのなか

文 / 黒岩万紀子 あらゆる煩悩を捨てて 無(む)の私でいよう なにもかんじない

/ わたしのあたまのなか はコメントを受け付けていません。

古体に返ることに就いて

文・作品 / たかはしびわ  往にし年より、古の趣きに返らむとて、やうやく試みた

/ 古体に返ることに就いて はコメントを受け付けていません。

古体に返ることに就いて

文・作品 / たかはしびわ  往にし年より、古の趣きに返らむとて、やうやく試みた

/ 古体に返ることに就いて はコメントを受け付けていません。

知らない事が多すぎる

文・写真 / 山本正人 胸の中が、こそばゆいというか、 心地良い締め付け感に襲わ

/ 知らない事が多すぎる はコメントを受け付けていません。

知らない事が多すぎる

文・写真 / 山本正人 胸の中が、こそばゆいというか、 心地良い締め付け感に襲わ

/ 知らない事が多すぎる はコメントを受け付けていません。

お百度

文 / 備仲臣道  いつものように少しの酒を飲んで横になったが、いっこうに寝つけ

/ お百度 はコメントを受け付けていません。

お百度

文 / 備仲臣道  いつものように少しの酒を飲んで横になったが、いっこうに寝つけ

/ お百度 はコメントを受け付けていません。