ブランチング vol.26 (25+26合併号) 寄稿のお願い

2018年 9/9発刊予定 ブランチング vol.26 寄稿を広く募りますので、

/ ブランチング vol.26 (25+26合併号) 寄稿のお願い はコメントを受け付けていません。

ブランチング vol.26 (25+26合併号) 寄稿のお願い

2018年 9/9発刊予定 ブランチング vol.26 寄稿を広く募りますので、

/ ブランチング vol.26 (25+26合併号) 寄稿のお願い はコメントを受け付けていません。

刺客の巻貝圖

文・写真作品 / 北澤一伯 刺客の巻貝圖 北澤一伯  『いちばん最初の人たちは言

/ 刺客の巻貝圖 はコメントを受け付けていません。

刺客の巻貝圖

文・写真作品 / 北澤一伯 刺客の巻貝圖 北澤一伯  『いちばん最初の人たちは言

/ 刺客の巻貝圖 はコメントを受け付けていません。

ブランチング25発刊順延繰越のお知らせ

ブランチング25寄稿が、発刊紙面掲載に不足した為(7名の寄稿)、今回の印刷発刊を

/ ブランチング25発刊順延繰越のお知らせ はコメントを受け付けていません。

ブランチング25発刊順延繰越のお知らせ

ブランチング25寄稿が、発刊紙面掲載に不足した為(7名の寄稿)、今回の印刷発刊を

/ ブランチング25発刊順延繰越のお知らせ はコメントを受け付けていません。

あいす

文 / 大谷祐 あいしてもいいですか。 なんてさ あいとはいわないよ。 あいして

/ あいす はコメントを受け付けていません。

あいす

文 / 大谷祐 あいしてもいいですか。 なんてさ あいとはいわないよ。 あいして

/ あいす はコメントを受け付けていません。

ふたたびあたらしき曲の調べを為し給ふことに就いて

文・写真 / たかはしびわ  去去年、軽井沢追分の油や、ゑ売り処(=ぎゃらりい)

/ ふたたびあたらしき曲の調べを為し給ふことに就いて はコメントを受け付けていません。

ふたたびあたらしき曲の調べを為し給ふことに就いて

文・写真 / たかはしびわ  去去年、軽井沢追分の油や、ゑ売り処(=ぎゃらりい)

/ ふたたびあたらしき曲の調べを為し給ふことに就いて はコメントを受け付けていません。

日記 (2018年5月20日)

文 / 疋田義明 街を分断するように流れる川。そこにかかった橋の上を自転車で走っ

/ 日記 (2018年5月20日) はコメントを受け付けていません。

日記 (2018年5月20日)

文 / 疋田義明 街を分断するように流れる川。そこにかかった橋の上を自転車で走っ

/ 日記 (2018年5月20日) はコメントを受け付けていません。

言葉で私を抱きしめることはできない

文 / 今井あみ 言葉で私を抱きしめることはできない 大きなトピックスよりも 他

/ 言葉で私を抱きしめることはできない はコメントを受け付けていません。

言葉で私を抱きしめることはできない

文 / 今井あみ 言葉で私を抱きしめることはできない 大きなトピックスよりも 他

/ 言葉で私を抱きしめることはできない はコメントを受け付けていません。

水辺

文・絵画 / 寺澤真祐美  その場所を、私は密かに「わたしの水辺」と呼んでいた。

/ 水辺 はコメントを受け付けていません。

水辺

文・絵画 / 寺澤真祐美  その場所を、私は密かに「わたしの水辺」と呼んでいた。

/ 水辺 はコメントを受け付けていません。

存在と偽装—超複製技術時代の芸術作品III <<貧しさ>の表現としての女性表象①>

文 / 服部洋介  「視る」という〈暴力〉と、「視られる」という〈被-暴力〉の間

/ 存在と偽装—超複製技術時代の芸術作品III <<貧しさ>の表現としての女性表象①> はコメントを受け付けていません。

存在と偽装—超複製技術時代の芸術作品III <<貧しさ>の表現としての女性表象①>

文 / 服部洋介  「視る」という〈暴力〉と、「視られる」という〈被-暴力〉の間

/ 存在と偽装—超複製技術時代の芸術作品III <<貧しさ>の表現としての女性表象①> はコメントを受け付けていません。

ブーゲンビレア

文 / 備仲臣道 一  頭の上で、湯気にくるまれたような、妙にくぐもった声がした

/ ブーゲンビレア はコメントを受け付けていません。

ブーゲンビレア

文 / 備仲臣道 一  頭の上で、湯気にくるまれたような、妙にくぐもった声がした

/ ブーゲンビレア はコメントを受け付けていません。